仕組み預金による預金

仕組み預金による預金

仕組み預金による預金

仕組み預金という言葉は、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、実際に東京スター銀行では提供されています。もちろん、この仕組み預金について知っておくことも、東京スター銀行の預金を活用する上では非常に重要な項目になってきます。では、この仕組み預金とは、一体どういう類のものなのでしょうか。
仕組み預金とは、どちらかと言うと高金利な条件で運用を考えている方に非常におすすめの商品です。一般的な定期預金よりも金利は高くなるのですが、元本が外貨で運用される可能性もあることと、途中での解約が出来ないということが条件となります。そのため、この点はきちんと理解した上で、利用をすることが求められています。東京スター銀行の仕組み預金は、右肩上がりの円定期のタイプのもの、円活と呼ばれているもの、外国の為替レートを参照にするものなど、いくつかの種類があります。この中でも仕組み預金の初心者が申し込むと言われているのが、1番目の右肩上がり円定期です。これは、預け入れをした段階から、ある程度金利が高くつくことも期待できます。というのも、満期までに数回までは金利を上げることのできる特約がついているからです。この金利については、1年経過ごとに受け取ることができ、自分の好きなように使って構いません。期間としては、3年、6年、10年とあり、自分の希望によって選ぶことができます。預ける金額は、どのタイプの仕組み預金でも、最低100万円からとなります。