不動産諸費用のためのローン

不動産諸費用のためのローン

不動産諸費用のためのローン

不動産を購入することは、多くの人にとって憧れることです。というのも、不動産の取得は、そう簡単に出来るようなことではないし、社会的な信用やステータスも必要になってくるからです。本当は不動産を取得したかったのだが、審査の結果断られてしまうことも、決して少なくはありません。また、不動産を取得したいのであれば、単に不動産本体だけに費用がかかるわけではありません。いわゆる諸費用も必要になるのです。また、諸費用について考えてみると、決して安くないことが言えます。そうなると、諸費用についてのケアもきちんと行なっておきたいものです。そこで、東京スター銀行としても、不動産の諸費用として充当できるような商品を用意することになるのです。では、このような類のローンは、一体どんな特徴があるでしょうか。
まず、気になる金利ですが、医療や介護向けのローン同様、年率で2.8パーセントから7.8パーセントとなります。この金利で設定されているのは、理由があります。それは、不動産の諸費用として融資を受けた場合、どうしても高額になってしまうからです。実際にこの商品を利用すると、最大で500万円までの融資が可能なのですが、これだけ金額が大きいと、どうしてもそれなりの返済能力が問われることになります。もし審査をクリアすることができれば、登録免許税や司法書士手数料、火災の保険料など、色々な方向に利用することができます。また、リフォームを検討している場合は、その費用として活用しても良いのです。