有担保ならではの金利

有担保ならではの金利

東京スター銀行の不動産担保ローン 有担保ならではの金利

不動産担保ローンは、高額融資が可能という点で、利用するお客様にとっては大きな利便性を感じます。しかし、金利のことを考えると、きちんと支払っていけるのか心配になる方も居ます。もし金利があまりにも高いと、金銭的な負担も大きくなってしまいますが、それではお客様にとっては都合が悪いことこの上ありません。そこで、金利をできるだけ安くしようと、東京スター銀行では試みているのです。実際に不動産担保ローンを利用するということは、無担保のローンとは違い、担保を決めた上で融資を受けるのですから、金利をある程度低くしても、十分元が取れるようになっているのです。これは有担保ならではの金利と言っても良いでしょう。では、不動産担保ローンの金利ですが、具体的にはどれぐらいの数値になっているでしょうか。
不動産担保ローンの場合、変動金利型と固定金利型で選ぶことができます。変動金利型の場合は、最低で年率2.4パーセントで、場合によっては3パーセント以上になることもあります。年率で何パーセントになるかは、経済状況などによって異なってくると言って良いでしょう。次に固定金利型の場合です。固定金利型の場合は、3年バージョン、5年バージョン、10年バージョンと選ぶことができます。3年バージョンだと年率3パーセント、5年バージョンですと年率3.005パーセント、10年バージョンですと年率3.2パーセントの設定となっています。もちろん、どのタイプを選ぶかは、自分で決めることができます。