預金連動型の特徴

預金連動型の特徴

東京スター銀行の不動産担保ローン 預金連動型の特徴

東京スター銀行では、一般的なローンのみならず、不動産を担保としたローンも提供されています。この類のローンについては、他のローンに比べると、申し込む人数としては、そこまで多くはないのですが、不動産を保持している方であれば、審査次第で利用することができるので、利用する機会があると言って良いでしょう。では、東京スター銀行の不動産担保ローンですが、一体どんな特徴があるのかについて、ここでは見てみることにしましょう。
不動産担保ローンの特徴の中でも、利用者にとって最も嬉しいのは、預金連動型であることです。預金連動型というのは、預金と金利が連動している仕組みのことを言うのですが、預金が増えれば増えるほど、金利が減っていく仕組みのことを言うのです。一般的に不動産担保ローンは預金と金利は無関係なのですが、東京スター銀行の場合は、預金と金利が密接に関係しあっているのです。この預金連動型を上手く活用するのであれば、単にローンを返済するのみならず、銀行の預金も多くすることが求められます。もし預金の残高とローンの残高が同額になれば、金利は0円となるのです。そうなれば、金利は一切かからない状態になるので、ローンの元金を返済することに専念していけば、自然とローン残高は減るようになるのです。これは、いわゆる繰上げ返済をするような感覚なので、それだけ返済も早く終わることが期待できます。ローンの返済では、金利の支払いが大変なのですが、このような負担をなくすのが東京スター銀行の不動産担保ローンなのです。