手数料の節約

手数料の節約

手数料の節約

銀行を利用する際、どうしても軽視できないものがあります。それは、手数料です。いくらの手数料が課金されるのかについては、銀行やサービス内容によって異なりますが、平均して1回の取引で200円から500円ぐらいかかることも、決して珍しくはありません。そのように考えると、手数料ができるだけかからない方向で銀行口座を利用することも、私たちにとっては大切な項目になります。実際に東京スター銀行のネットバンキングを利用してみると、手数料を上手く節約できることに気づきます。では、東京スター銀行のネットバンキングの手数料は、一体どのような仕組みになっているでしょうか。
手数料が安くなるパターンですが、東京スター銀行の場合は、大きく分けて2つあります。1つ目は投資信託の場合です。投資信託を利用すると、手数料がかなり引かれることが多く、利益に影響してしまうこともあるのですが、これを防ぐためには、投資信託の手数料を何とか安くするしかありません。実際にネットバンキングによって投資信託を利用した場合は、通常の手数料の25パーセントオフで利用できます。ただし、店頭やテレホンバンクの場合は対象外となります。2つ目は、外貨預金商品の場合です。この場合は、店頭やテレホンバンクの場合は通常の手数料での扱いになるのに対し、ネットバンキングであれば50パーセントオフ、つまり半額となるのです。これならば、一体どれだけ手数料の面で得するのか、想像するまでもないことでしょう。